いざ、ユーロ! 〜予選リーグ終盤〜

2012.06.19 Tuesday

 連日連夜熱戦が繰り広げられております、ユーロ2012

クイズの方もご応募ありがとうございます!m(__)m

決勝トーナメント進出国も残すところ今夜未明のD組を残すのみとなりました


一応、ボクも予想を立てはしたんですが、サッカーの神様に「オメーはホンッッッっとにセンスねぇなぁ〜!!( ・´ー・`)プッ」 と言われてるような大惨敗ぶり。。


ええ、センスはありません
こう見えてもプレイヤー歴10数年、観戦歴30年余のアタクシでございますかなにか?(-_-)


だってですよ?

オランダの3連敗って予想できます??(泣)

一試合目を観た感じで、なんとか修正できるかなぁ〜?、いや、こりゃかなり重症かも とは感じましたが、まさかここまでディフェンスがボロってたとは。。

数字やデータやネームバリューだけではけして勝てないという格好の不文律を、クイズ企画者自身が身をもって赤っ恥をかいた いや、かかされたと言ったって過言ではないはず!(-_-メ)
ロッベンの「エゴを捨てて一致団結を」の言葉がむなしい。。 てか、お前が言うか?といった感も否めず。。



ギリシャの予選通過って予想できました??
ムリでしょう(T▽T)
ユーロ危機(通貨の方)の発端となり、国そのものが破綻寸前であることから「国民に勇気を与えたい!」という気持ちがめいっぱい表されたプレイは、国際競技・ナショナリズムの原点として個人的には好感はもてはするんですが。。

そんでもあのロシアに勝つか? 普通、勝っちゃうか??(T▽T)

もう、まったく先が読めません。。(恥)


泣きごといってても始まんないので、ここであらためて整理しておきましょう

ぜひリンク先の決勝トーナメント予想図をご参照ください


結果上位三か国予想の一番人気に、みなさんドイツをあげてらっしゃいます
ボクもここは鉄板だと思いますが、一回戦で。。 あの。。ギリシャ。。(笑)

意外と容赦ないドイツがまさかギリシャに負けることはかなり予想としては難しいのですが、2004年大会では後者はその「まさか。。!」を連発して頂点までのぼりつめてしまいました
本ゲームとしては、独り勝ちするチャンスといえばチャンス(笑)

次に対抗馬としてやはり人気が高いのがディフェンディングチャンピオンであり現世界チャンピオンであるスペイン

中盤にタレントが揃い過ぎちゃって、初戦はまさかのノートップという布陣でしたが、初戦こそイタリアに引き分けたものの内容は別として残り二戦にしっかり勝ち切ったあたりは勝負強さみたいなものは健在だなぁと思いました

ただし、最終戦のクロアチア戦を観た限りではありますが、ちょーっといつものあのイケイケポゼッションサッカーはなんだか勢いを感じませんでしたね
選手間は間延びし、連動制も薄い なにより運動量が全体的に極端に落ちてるといった印象です
ダビド・ビジャの穴ってこんなにひどかったの?と思っちゃったりもしますが、トーナメント用のフォーメーションとリーグ用のフォーメーションに差異があるのかそれともめいっぱいなのか?
そのあたりがよく読めません
おそらく高い確率でフランスかイングランドのどちらかと当たることになりますが、ひょっとしたらトーナメント初戦でオシマイなんて事もおおいに考えられます

首尾よく上がれたとしても、次の相手がおそらくポルトガル

ギリシャ同様になんともいえない熱っぽさみたいなものは感じるチームであることから、ボクはポルトガルの方を推します


とりあえず再予想をさせていただくと、
ベスト4に勝ちあがるのは、

ポルトガル、スペイン、ドイツ、イングランド(もしくはフランス)と踏みます

決勝進出はズバリ、ポルトガルとドイツ

三位の座をスペイン、イングランド(orフランス)で争うことになりますが、ボクはあえてイングランドを推しておこうと思ってます

フランスの無敗連勝記録ってのもなんだか気になりますが、出来栄えでいったら無骨だけどイングランドの方がなんだか老獪な感じがしなくもない
スペインは準決進出で面目躍如でいいではないでしょうか(汗)


というワケで、ボクの再予想!!

ポルトガル、ドイツ、イングランド

これで勝負!!!


もう外れても愚痴ったりしません(笑)


さて、投票の受付ならびにオーダーの変更はD組最終戦終了までとなっております

ちょうど台風が過ぎてったあたりのタイミングとなります

ふるってご参加くださいませ


それにしても台風、今年どうやら当たり年みたいだなぁ。。



いざ!ユーロ!! 【追記】

2012.06.11 Monday

 いや〜4年間なんてあっという間ですね
前回のスペインの無敵艦隊復活劇もその後のW制覇も記憶に新しいところですが、W杯よりも実は勝つのが難しいとされているのが、アジアカップ同様に4年に一度開催される欧州選手権

花以外にもサッカーをこよなく愛する正花園さんとしては絶対見逃せない大イベントなんでございます(・∀・)

そこで前回はぼーっとしてたもんですからやり損ねちゃったんですが、今回はしっかりいきましょう


ユーロ2012開催記念!showkaen.comトップ3当てクイズ〜〜〜 ポーランド→ヽ( ゚Д゚)人(゚Д゚ )ノ←ウクライナ


なんだか久々にブログ内でこんなことしますけど、ついてこれる方いらっしゃるんだろか?という不安もなんのその(笑)
どーせ見るならさらに皆で盛り上がっちゃいたいというコトで、お気軽にご参加ください♪

概要は下記の通りです


◆クイズ内容◆
今回のユーロ2012に出場するUEFA加盟16カ国から、優勝・2位・3位に入る国名を予想してください
3連単ではなく、今回はあくまでも連複です

例> スペイン、ドイツ、オランダ  順位は関係ありません

◆締め切り◆
予選最終ラウンドであるスウェーデンvsフランス、イングランドvsウクライナの試合終了まで(日本時間6/19 29:50頃)とさせていただきます

◆応募方法・資格◆
どなたさまでもご応募いただけます
締め切りまでは何度でも組み換え可能ですが、おひとり様ワンセットのみといたします
したがって、締め切り時の回答がファイナルアンサーとなります

応募は本記事にレスをつけるかたちでお願いします
メール・直電等では受け付けられませんのでヨロシクお願いしますm(__)m

的中者が複数の場合は、一番最初に回答された方を当選者とさせていただきます(早い者勝ち)

◆賞品◆
もし万が一、的中者が花き業界の方の場合は、ポジションなりの賞品をご用意いたします(・∀・)
一般のお客様の場合は、showkaen.com謹製 自宅で楽しむ簡易ばら祭りセットをプレゼントいたします(内容は未定)


みなさまどうぞふるってご参加くださいませ(・∀・)


◆ 緊急告知!!◆ という大袈裟なモノではありませんが、お得な情報(o ̄ー ̄o) ムフッ

2011.10.19 Wednesday



中日ドラゴンズ 球団史上初のリーグ二連覇達成!!O(≧▽≦)O 


もう本当〜〜〜〜〜に感無量っす!!!

ちょこちょこと慌ただしさにかまけ、入荷情報をお休みします。。と先日リリースしたばかりではありましたが、こーなっちゃそうは言っていられませんっ


優勝?

そう。。( ̄ー+ ̄)



やりますよ!


緊急特別セール!! 中日ドラゴンズ セントラルリーグ二連覇達成記念スペシャルセール!!!

明日・明後日入荷予定のバラの中でも、「ほほ〜〜〜っ♪」というようなモノから普段は絶対その価格では購入できないレアもの・パチものをドドーンと放出しちゃいます!!

概要・セール期間につきましてはスタッフブログ【HAPPY NOTE】ならびに入荷情報メルマガにて詳細はご案内いたします


いや〜〜、本当によかった。。。。!!!

なにかカタチであらわさにゃ気が済まない性分でして(笑)



そうだ、第三回showkaenばら祭りの今年の開催日程も本決まりになりました

これも詳細は今月末にはご案内予定です

今年は創業50周年記念イベントという位置づけなので、本当にもう二度とできない規模と内容となっております
こちらもぜひお楽しみにψ( ̄▽ ̄)ψ 

世界チャンピオン

2011.09.10 Saturday

 9月は月初めからずーっとサッカーウィークでした
なんせほぼ日替わりで代表戦が、しかも各々ワールドカップとオリンピックの出場をかけた真剣勝負ともなると選手はもとより見てる方も相当疲弊します(笑)

それにしてもなでしこジャパン、見事ロンドン行きを決めてくれました!(喜)
できれば自力で。。なんて欲もあったりしましたが、一番乗りでしかも戦績だけとれば圧倒的といっても過言ではない、一部世論では北朝鮮ごときに。。とか、ロスタイムでの失点についてツメが甘いだのなんだのという論調もあるみたいですが、参加6チームの中でなでしこが一番コンディション不良だったことは先のW杯と比較しても明らか
そこんとこも鑑みれば、よくぞ勝ち抜いた!と手放しではありませんが賞賛すべきであると考えます

さてご存知の通り、我等がなでしこジャパンは現在世界最高のチーム、つまりWORLDCHAMPION なわけですが、実は男子代表も現在一部では世界チャンピオンであるというコトをみなさんご存知でしょうか?

サッカーの世界でチャンピオンといえばもちろん4年に一度のサッカーの祭典であるFIFAワールドカップで優勝したチームの事をさします
つまり、FIFAによる世界チャンピオンはスペインです こりゃあたりまえ

ただ、4年間ずーーーっと優勝時のコンディションであり続けるか?となるという時事的な要素も含めてFIFAが10年ちょい前から導入したのがFIFAランキングなるものです
ある一定期間中に開催された国際Aマッチ(テストマッチとかだと租点が低いみたい)でのポイントによってランキングが上下するわけですが、こちらでは現在オランダが1位
つまり、チャンピオンはスペインだけど今だったらオランダの方がぶっちゃけ強えーんだぜ?みたいな感じ?とFIFAは言ってるわけです(笑)
つまりこの時点ですでにFIFA管轄でチャンピオンが二名義あるというコト

FIFA主幹ですとあとコンフェデレーションズカップというのがあります
これは現在ワールドカップ開催前年に、同じく4年に一度開催されている大会なんですが、直近の各大陸チャンピオンによる大会なので、これに勝てばやはり各大陸を制した 即ちこの大会を制したチームがすべての大陸において一番強い!という位置づけとなります
つまりこの時点ですでにFIFA管轄でチャンピオンが三名義あるというコト

そしてここにもうヒトツ、世界チャンピオンの定義が加わります

と言っても、あくまでも非公式の団体なんですがこれがとっても面白い

考え方としてはボクシングみたいな感じで、チャンピオンに勝った者がチャンピオン という極めて単純なアプローチです

元はやっぱりFIFAワールドカップが基点となりますので、どれだけ長く続いても四年に一回ワールドカップで優勝しないと永久チャンピオンにはなれないってのも面白い

ここまでの流れに沿って簡単におさらいしますと、先のワールドカップ南ア大会で優勝したのがご存知スペイン代表
で、その後スペイン代表はアルゼンチン代表に敗れました
この時点でチャンピオンはアルゼンチンというコトになります
いずれもサッカーの世界では列強なわけですし、そういった意味合いでは納得がいきやすいのですが、その後アルゼンチンはあろうことか我が国、つまり日本代表に敗れました
つまり、その時点で日本代表が世界チャンピオンなワケです(爆)

その後、日本代表は先日のウズベグ戦までを含め、13戦無敗
ボクシング方式なので、引き分けは防衛とカウントされるので、今この時間も日本代表は世界チャンピオンなのです(笑)

勿論、これは完全なジョークの世界ではありますが、無類の格闘技好きの自分にとってはこうした評価ってとっても面白く感じます
そんなこんなで過去には ( ´゚д゚`)えーーーっちゅうような国(ジンバブエとか)もチャンピオンだったらしいです

これだけゆるい定義だもんですから、これまた独自のフルタイムランキングとなると、現在一位はスコットランドだったりします(笑)
いや、もちろん強豪ですけどね

この先日本は三次予選・親善試合・最終予選と次回ブラジル大会までいくつも防衛戦を戦わなければなりませんが、出来る事なら世界チャンピオンのままブラジル大会へ出場してほしいなと願っております

( ・´ー・`)プッ

国民栄誉賞のあいだでいろいろと思う

2011.08.04 Thursday

 昼下がりにとても残念なニュースが飛び込んだ

サッカー元日本代表で、現在JFL(カテゴリー的には3部リーグ)の松本山雅所属のディフェンダー松田直樹が34歳の若さで急逝された
メディアにおいては、スポーツプログラムのみならず一般紙においても大きく取り上げられた事柄なのであえてここで事細かく書く事もないんですが、本当にショックです。。
トップリーグから下野する容ではありましたが、プロアマ混在リーグにある現所属チームをトップリーグへ押し上げる!というロマンにみちた彼の冒険は志半ばで途絶えてしまいました

彼のお母さんが気丈にコメントされた文面が心に響きます
「フットボールを誰よりも愛する彼が倒れたのがピッチの上だったことは幸せだった」

今はただ、ひたすら故人の冥福を心よりお祈りするばかりです

ここのところサッカー界においては明るいニュースと悲しいニュースが本当に交互にでてきています

元代表監督の森孝慈さんの逝去

ビーチサッカー日本代表監督のラモス氏の奥さん初音さんの急逝

森さんの代表は木村和司(現Fマリノス監督)の伝説のフリーキックで有名なメキシコ’86へあと一歩のところまでこぎつけた80年代の暗黒時代にあって一番世界に近づいた代表の監督

木村監督は、この数週間の間に代表時代の恩師、クラブ監督時の選手を立て続けに亡くしたことになります
心中をはからずとも、本当に辛くてやりきれないと思います

初音さんの逝去も本当にキツイです
忘れもしない、’95年天皇杯決勝を元旦の国立競技場まで見に行った帰りに、青山のカフェバーでばったりラモスファミリーと隣席し、名古屋のユニフォームを着たままのボクをみてカリオカが「優勝おめでとう!」と言ってくれたのも強い記憶ですが、それ以上に傍らで微笑む初音さんの印象の方が強かった(苦笑)

松田さんの死については、この先もっと深く各方面で語られることと思います

AEDの普及・設置も間違いなくあげられると思いますが、心筋梗塞による心停止の場合このAEDはほぼ効果はないらしいとのことです

海外ではフォエ(カメルーン代表)やプエルタ(スペイン代表)と、今回と同様の悲劇がありましたが、まさか日本で同じ事がおこってしまうとは。。
本当にやりきれない気持ちでいっぱいです


先人や90年代後半以降の黄金時代を担ってきた彼ら礎があり、今の日本サッカー界の隆盛があるんだとあらためて考えさせられます

34歳

自分が教員時代に一番最初にみた子供らがそんな年回りでしょうか。。


故人のご冥福を本当に心よりお祈りし、9月に始まる各代表の予選での奮闘を願います