『かきいれどき』   showkaenホラーshow 2016

2016.08.20 Saturday

もうこの際、妙なまえがき無しで一席(笑)

 

 

みなさん、お盆とかになると、古刹によりけりですが地獄絵の虫干しをされるところがあります

かくいうボクも、子供頃通っていた(←親戚)のお寺でもこれをやっており、毎年お盆になると「またあれを見せられるのか。。」と憂鬱になったのを思い出します

 

地獄絵については、描き手や宗派、それに描かれた時代によってけっこう内容はさまざまなものだったりするんですが、

現代なら完全にR指定相当、いやそれ以上のものだったりするのが平均的です

 

その地獄絵をよくみてみると、鬼による凄惨な責苦拷問の傍らで、なにやら帳面のようなものを持っている鬼が稀にいたりします

「これはなにをしているの?」と大人にきくと、

『ああ、これはね 生きてる時に犯した罪の量と刑の量とを測ってるんだよ。 これで帳面があうと、その人間はようやく無に還してもらえるの。』

「でも地獄のそれって無限なんじゃないの?」

『勿論、無限のもある。無限に責苦が続くのは、そのものが現世で犯した罪のそれに比例してるんよ。それと六道というものが仏道にはあって云々。。』 回答主はお寺の住職で、ボクのじいさんの兄弟にあたる方で、ボクの名付け親でもある方です(※故人)

 

小学生の子供に六道とかなんとかいわれても、ちんぷんかんぷんだったわけですが、いま思えば、たとえ地獄に落ちたとしても、場合によっちゃ「無」という恩赦(免赦?)がありはするが、今生きてるこの世を正しく生きなさい ということを伝えたかったんだろうなぁと思います

かくいうボクの名前には「正」の一文字が入ってますし。。

 

 

で、時は流れて。。

 

本シリーズを毎年熱心に読んでいただいてる方はご存じかもですが、ボクはたまーに人外のものを目にすることがあります

ハッキリと容になっているもの

ぼわ〜っと煙みたいな状態のもの

人、犬、猫、それらに合致しない魍魎みたいなもの

 

その中で、ほんとに一回か二回だけなんですが、真っ白な男の人(時代考証が読めない姿)が筆と和紙を分厚く束ねたような感じの帳面(ノート?)をもって、なにやら書き込んでいるのを見たことがあります

 

ボクが見たのは雨の日の電車の駅のホームでした

 

その白い者は、ウロウロきょろきょろするでもなく、すぅっと佇んでいるかと思ったら、急になにかを見つけたかのようにその場にいる特定の人間の傍らに立ち、舐めるように見、ものすごいスピードでなにやら帳面に書き込んでいました

 

そんなことが電車を待ってた10分弱で何度も何度も繰り返されました

 

パッッと消えた と思ったら、反対のホームで同じことを。。

具体的になにか悪いこと(ホームに人を突き落したりとか)をしでかしそうな雰囲気は一切なく、憎悪やいわゆる地縛っぽいそれでもない

でも確実に、それらの行動はなにか目的があってやってるようにしか思えない

 

運がいいのか悪いのか、ボクの横に来て書き込むことはありませんでした(苦笑)

 

その後、書き込まれた方の身に、具体的になにかおこったとかなんだとかいうのはいっさいわかりません

確かめようもないし。。

 

 

ふっと、幼いころにみた地獄絵にあった帳面を持った鬼のことを思い出しました

 

ひょっとしたら、あの白いのは地獄から来てて、現世では白い人の容になって事前に査定しているのかもしんない

いや、逆に、あれは天から遣わされたものであって、それこそ同様に査定しているのかもしれない

いったい全体、あれはなんだったんだろ?

もとい、どっちの世界の使者だったんだろう?

もし地獄からの使者なんだったら、完全にリアル・デスノートそのもの。。

 

もし、あれが地獄の使者だとして

 

あなたが知らない間に、あなたの横に立ち

あなたのこれまでの行いをつぶさに査定し

あなたが死後、どちらの世界に移られるか、はたまたこの世に地縛するのか

 

すべては、当たり前の日々の暮らしぶり 立ち振る舞い その他もろもろに因果するものとして、

使者たちは、今この時間もあなたを「査定」してるに違いありません

 

【秋彼岸】 showkaenホラーshow 2015

2015.09.22 Tuesday

巷はシルバーウィークです
GWと何が違うか?って、人の移動をさほど感じないあたりとか

いずれにしろ、婚礼・敬老の日そして秋彼岸と、花屋さんテンテコマイだったりします(汗)

さて、どれだけ投稿の間隔が空いてもこのネタだけは不可避であります、毎年恒例のホラーshowでございます
ブログ開設以来、見聞したこと、過去・現在に至り自分自身におこった不思議な事を書いてまいりましたが、一年もスパンがあるとそりゃあるわあるわ(笑)
で、
今回はさほど怖いというより、本当に不思議だった出来事をご紹介します

そこで、確認もかねてお盆とお彼岸っていったいなにが違うの?という部分について至極簡単にお話させていただきます
雑に大別しますと、お盆は家族(親族)限定
お彼岸はボーダーレス という感じになります
双方、ご先祖様が年に一度現世にお戻りになられることはいうまでもありませんが、お盆はいわゆる仏道でいうところのしっかり修行をなさった方々がその【門】をくぐることが許されますが、そこいくとお彼岸はそういった方以外にももれなく門が開かれる というのが最大の差異でしょう
六道でいくところの、天・人間というのがお盆なら、お彼岸はそれプラスして畜生・修羅・餓鬼・地獄も含まれるという意味です
つまり、余計なモンも帰ってきちゃう(汗) お盆とは違って、春と秋におかしなことが起こるのってこれが理由かもしれません

で、今回のお話

今回に限ったことではないんですが、どうもボクはそういったものが近づきたくなるようななにかを発しているのかもしれません
毎年々々春と秋、本当に憂鬱な気分になります で、たしか一昨年かもうちょい前くらいのお彼岸にそいつはやってきました
「そいつ」という言い方をしましたが、いまだにどういうモノだったのか?というのが判別できないでいます
そいつが、いつ、どの時代のモノで、なにが目的でボクについてきているのかはまったくわからない
しかし確実に、一定の距離をおきながらず〜〜〜〜っとボクについてきます
そして、多少力が増すお彼岸の時期になるといっきに距離を縮めてちょっかいをかけてきます
ホントに好き放題のやり放題
とはいっても、命にかかわるようなマネまではしてこないことから、ボクはそいつの力が弱まるのをそういう時は ジッと待つようにしています。

そんなやり取りがどれだけか続いた今年のある日のこと

お彼岸でもないのにそいつは満を持したかのように一気に距離を縮めてきました
背後にあきらかにぴったりくっついてる感じ
一番気味が悪かったのは、そこから覆いかぶさってくるとか、なにがしか干渉してくるわけでもないこと
でも着実に、どこぞなりとてついて回ります
今になってそういうことだったか。。と思う事として、そいつは徐々にボクを蝕んでいこうとしていたんだと思います
台風だとか雨が近づくと、身体の都合でボクは首とか腰とかが痛くなります。
でも、そういった条件がそろってなくとも偏頭痛や古傷が痛んだり、ともすれば気持ちがものすごく暗く沈みがちになったりすることが明らかに自覚できる程増えたりしました

そして今年の夏のこと

そいつはついに家族にも姿を現すようにまでなりました
ボクの倅、たいへん残念な事にボクのそういった素養をかっちり受け継いでしまったようです(苦笑)
普段はボクの視界には絶対といっていいほど姿を見せないのに、倅の前には現れます
駐車場、トイレ、階段の隅
闇の帳の深いところに、すっ と移り、倅をじっと待ちうけるようになりました
そしてある日ついに、倅に干渉するようになりました
そいつがイイものなのか悪いものなのかまったく判断がつかない状況で、果たして祓ってしまっていいものなのかどうなのか?よしんば自分自身に祓う能力なんてそもそもないことで相当悩んでいた時にふと思い出しました
以前、このシリーズでも触れた事のありますブレスレットのことをご記憶の方もいらっしゃるかもしれません
それでお世話になってる先生が、「少しアプローチを変えてみました。」と製作いただいた呪符力の強いブレスレットを思い出したのです
使用説明書(←苦笑)を読んだ際、これちょっと今の自分にゃ強すぎるなぁ〜〜と、ピンチになった時に開封しようととっておいた、文字通りとっておきのツール
忘れてたわけではありません(笑)

倅に「今からお父ちゃんがオバケとっぱらってやるから見てな」と言い、倅を傍らに置きとっておきのブレスレットを装着しました

すると、本当にアニメかマンガの世界のように物凄い気が自分に巡るのがわかります
ワンピースだったら覇気、ナルトだったらチャクラ、ヒーローアカデミアなら個性って言う感じでしょうか(笑)
少し古い喩ですが、幽々白書の飛影の黒龍みたいな感じ
装着した瞬間にまず偏頭痛と肩首(肩は左、首は右)の痛みがすぅっと引けていき、懸案だった「そいつ」はあっという間にはじけ飛んでしまいました
倅が「あ、いなくなった。。」と言いました なにが起こったのかよく分からないような不思議な出来事に、いなくなったからもう安心とばかりに笑みをこぼします

先生のおっしゃる「処方を変えた」というのは、おそらくですがそれまで「防御(守護)」だったのを比較的「攻撃型」にシフトしたということみたいです
今までと明らかに違う点としては、石が常に熱を発しているあたりですとか。。


お彼岸
月の扉はまだ開いております
たまたまボクはそういったブレスレットとかに護られて、なんとか切り抜けています
しかし、「お彼岸?ご先祖?関係ねぇよw」とばかりに日々の暮らしを謳歌してらっしゃるアナタ
アナタには、ご自身も気づかないウチに、ボクが吹き飛ばした「そいつ」がターゲットをアナタに変えて、なにかのチャンスを窺いながらアナタを闇床からじっ とみつめているかもしれません


 

【お盆恒例】 showkaenホラーshow 2014

2014.08.14 Thursday

今年のお盆商戦もなんだかんだで一通り方が付いた感じです
まだ『送り』がありますんで、最後までしっかりおつとめさせていただきます(・∀・)


というワケで、お盆恒例の本ブログ企画でありますshowkaenホラーshow
今年も一本だけですがちょこっと気になる出来事がありましてご案内させていただきます


+ + + 動く事件現場 + + +

テレビとかでよく事件・事故のニュースってありますよね
集合住宅で殺人事件があったとか、どこどこの交差点で死亡事故があったとか

で、その集合住宅にしろ事故現場にしろ、間違いなく地縛霊が張付く。。というイメージがありますが、全部が全部っていうことも実はないんです
現世においてもさっぱりした性格の御仁っていらっしゃるように、すぐに「仕方ない。。」と区切りをつけられる方については何も残されることなく天に召されるケースもあります
ただし、やはりそれはかなりレアなケースでして、多くは強い恨みや現世への執着を残し、時には現場に自縛するとかいうことについては語るまでもないと思います

今回ボクが出くわしたのは土地にまつわる現場ではなく、凶器となったモノに自縛したケース。。



某市某町 とある中古車屋さん(※豊明市・名古屋市ではありません 念のためw)

配達中の信号待ちで、ものすごい殺気にかられて目をやるとそこは●●万円ポッキリが売りの中古車屋さんでした
普段は気にも留めない感じだったんですが、よくよく見るとけっこうな高級車が看板の謳い文句のとおりポッキリで販売されてたりします
まーただ、大概にしてそれにはなんらかの理由はあるわけで、単純に型落ちだけの理由でもないにしろ価格の理由は様々だったりします
往々にして『事故車は扱っておりません』とあります
本当にそうな場合もありますし、ボクの知る限り残念ながらそうでない業者さんもおみえだったりします

殺気>中古車屋 というコンボでほぼそうなんだろうな。。 と思い、じ〜っと眺めてると、二か所ほどあきらかにその場だけ違うオーラを発している箇所がありました
一方は一昔前の若者向けスポーツカー
もう一方は、泣く子も黙る国産最上級の誰でも変えるワケでもない歴史ある超プレミアムサルーン

超プレミアムサルーンについては値札がついていなかったので、おそらく業者さんが自分用に乗ってらっしゃるのかもしれません
問題はスポーツカーの方
齢の頃十代後半もしくは中ごろと思しき女性が、運転席にべったりと座り往来の車をキョロキョロと細かい視線で睨みつけていました
まずはその殺気がボク自身のみに向けられたものではないという事にホッとしながら、気づいていることを気づかれてはイカンと思い、意識を出来る限りそっちへむけないよう、信号早よ変われ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 と漠然と考えるようにしました
ほどなくして信号が青に変わり、ボクはそのお店を巻き込むように右折し、あとはバックミラー越しにチラチラと見ながらその場を過ぎました



ただ、いくつか分かりきってた事があります
おそらく、事故もしくは事件でこの女性はその車がかかわるなんらかのケースで、不慮の死に至ったこと
その車はすでに何度も転売にかけられていると思われること
その女性はおそらく、絶対に成仏できないであろうこと 等々

どうしてそう思えたかといいますと、こうした意識だけが取り残された魂は姿かたちがハッキリしている場合は概ねヤバい場合が多いです
今回はもう、へ?っていうくらいクッキリ見えました
そして、この女性はこの車ですでに何回もこの車のオーナーもしくは全然関係ない人に危害を加えているはずです
もうひとつ これが一番怖いんですが、この女性はすでに現世の頃の自身ではなくなってしまっているということです
いたずらや面白がって危害を加える畜生道の中でもそうとう厄介な部類に落ちてしまっています
まるきり次の獲物を狙うかのようにお店ではかなり一番いいポジションに鎮座していました。。

普通ならこれだけいわくつきなら、とっくに廃車になっててもおかしくないはずなのに、なぜか人を引き付けるなにかを醸し出す車

ピンときた。。! というひらめきも、出会いとしては大切ですが時として取り返しのつかない状況を招きかねないかもしれません



※ちなみに

もう一台の方は、完全に殺人事件の物件でした
初老の男性の方 ただ、この方ご自身がそうなってしまった経緯についてご納得されている様子で、もう間もなく剥がれることができると思います

問題のもう一方の車
今日現在、まだ店頭でアナタの来店を待っているようです。。



※※注記

中古車全般がそれである と、誤解を招きかねませんが、絶対そういうことではありません
もちろん、科学的・合理的根拠なんてものもありません
しっかり品定めをし、比較し、試乗されることがおススメです
繰り返しになりますが、大変優良な中古物件もあります 中古車には新車には出せない不思議な味もあったり、大変魅力的なモータリゼーションのアプローチです(・∀・)
 

気恥ずかしさ。。

2014.07.16 Wednesday

放置 という言葉を発するのも恥ずかしい、いや、むしろ【みっともない】といっそ認めてしまった方が潔いとしかいいようがないんですが。。(恥)

気づけば最後の更新から五ヶ月経過って、いったいナニしてたの?と(´・_・`)

えーと、前の記事が2月の中下旬ですから、ちょうど卒業・送別シーズンの真っただ中。。
思い出すのもなんだか困難な感じになっておりますが、猛烈に忙しかったのだけは記憶しております
んで、3月がいよいよ送別需要+春彼岸、4月は少し休めるのかな?と思ってたらこれまたとんでもない繁忙(←いや、実際このご時世にありがたいことなんですw)、5月母の日。。という具合に、ついつい更新が滞ってしまいました

本当に恥ずかしいハナシです 申し訳ありませんm(__)m

これまでいったいなにしてたか?をつらづら全部書いてると、これまたエライ時間がかかっちゃいますんであえてワープ(笑)
かいつまんでメモしておくと、
なんだか昨年あたりから、不肖にも講演というお仕事をいただいております(汗)
ほとんどがバラ関連なんですが、バラ以外だったり切り花業務全般について だったり。。
やはりあんましガラにもないコトと承知しております故、基本的にはご辞退させていただいておりますが、まーこれがいちいち断れない方々からのオファーばかりで。。 自分の中ではご恩返しと位置付けて、なんとかギリギリお務めさせていただいております((( ;゚Д゚)))
ここ数か月来、花き業界関係者さま方のご来店も多く、我々の業界の未来をあーでもないーこーでもないーとくっちゃべり、間隙をぬって産地訪問等の取材に走ったりとかなんだとか。。
その他、品種・品目のサンプリングモニター、サプリメント(切り花鮮度保持剤)の実験・検証等々、実はまだリポートできていない宿題がてんこ盛りだったりもします。。(;´ΘдΘ)=З

求められる、必要とされる実感もさることながら、もっとしなやかにというか、もっとスマートにこれらのご要望に対処できるような人間(フローリスト)になりてぇなぁと思いつつも、この齢になるとなかなか歩が前に進みません

泣き言言ってても誰もきいてくんないので、兎にも角にもガンバります
もちろん、ブログ更新も頑張ります(笑)

こんなゆる〜い感じですが、どうぞ引き続きよろしくお願いいたしますm(__)m


 

処理能力

2013.12.03 Tuesday

なんでも、ウィンドウズXPのサポートが来年の四月で切れるらしい いや、切れるとのこと
お店のPC、まさしくXPなんですが大概の事はいまだにこのOSで十二分にこなせます
むしろCPUについてはかなり型落ち感が強くて、頻繁に固まります。。

いっこいっこ片づけてきゃ、現状のスペックでも十二分に事足るんですが、たいがい同時進行でいくつも一遍にとっかかる癖がついちゃってるもんですからすぐに重たくなります

どーしたもんかねぇ、と思いつつ自分に目を向けてみると、PCでやんなきゃなんない仕事じゃなくてもたいがいいつも同時進行(苦笑)
あーなるほど、パソ使ってやる仕事って日ごろの自分の仕事の仕方がそのまんま反映されてるんだな。。と気付く

なんにつけても来年の春はいろんな事が大きく変化します

消費税8%移行
倅、小学校入学 等々。。

そうだXPも終わるからお店のパソも買い換えなきゃなんない。。


長いこと飾ってあったイベントの時のバラもそろそろ片づけなきゃなりません

名残惜しかったりしますが、また来年