なのにアナタは京都へいくの?

2013.04.13 Saturday

 ま、急っちゃ急だったんですが、急きょ京都へ急行いたしました
スケジュール的には、もうそれこそ急急だったんですが、急な気温の冷え込みできっと落ちるであろう気分をキュっと引き締めるためにも、【急】くらいがボクには似つかわしいのかもしれません

そんなワケで倅を幼稚園バスに乗せ、名二環→伊勢湾岸→東名阪→新名神→名神にて一路京都へ

ギリギリまで新幹線利用を迷ったんですが、たしかに新幹線そのものは50分もかからず名古屋京都間を結びますが、新幹線の駅までの時間や最終的に現地にたどり着くまでの時間を考えたらおそらく高速利用とさほど変わんない
いや、上述の経路だったら従来の名古屋高速→名神よりよっぽど早いはず と踏んで自走での経路を選択しました

ま〜〜〜〜〜〜〜〜〜、新名神めちゃめちゃ便利ですわ!!
早い! 滋賀近い!! ウチからだとおそらく30〜40分は確実に短縮してます
休憩なしで今回の行程だったらおそらく1時間ちょいで目的地までついちゃってたと思う
それくらい改めて京都近いわ〜と思いました
これが大阪となるとちょっとハードルは上がるんですわ(笑)

閑話休題、今回の目的地はコチラ



京都の花き市場の京都生花さんです
実際にお邪魔するのは実は今回が初めて

ていうか、花屋って意外と地元でない限り自分が仕入れている市場へ行ったり入ったりする機会ってそうはないんです 意外と狭い世界です

こちらの京都生花さんでは年に一度のこの時期に 京都生花花の大展覧会 京の花絵巻 というイベントを開催されてらっしゃいます
大展覧会とはいっても、一般の方は残念ながら入場はかないませんが、日ごろ京都生花さんと取引がない花き業界の方でも簡単な受付さえ済ませれば隅々まで観覧することができます

ボクはその日ごろは取引のない側の人間でして、いわゆる完全にアウェイ(笑)
ま、目的は多様にあったワケですが2000品種以上からなる切り花・切り枝葉、花木の祭典とあらば一度は見聞しておきたいとマニアの血がうずきます

というワケで今回ご同行いただいたのが、こちらは日ごろお世話になりっぱなしのF社のKGSさんと同じくF社のKYKさん
京都駅で待ち合わせ、いざ観覧でございます



次回に続く さすがに眠い。。
コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL