2013年のお盆商戦つうしんぼ

2013.08.18 Sunday



恒例(?)、今年のお盆商戦の備忘録的反省会でございます

売上的には、しょうみ横ばいといったところでした
微少ではではありますが、少し落ちたかな?

例年に比べてかなり計画的な仕入れにつとめたので、直近3年間のお盆用の仕入れ額としては30%強の削減となり、粗利としてはまずまずの出来栄えだったと思います

ただ、粗利がどうのこうの言う前に店売りが下がるということはやはり芳しいことではありません
仕入れを減らすことで利益を確保するというのは実は見せかけのそれであり、商売の本分はやはり売り上げの向上に他なりません
そういう意味では、正直反省の多いお盆商戦だったように思います

ちょい暗めの書き出しとなりましたが(笑)、悪いことばっかりでもありませんでした

自店スキルとして、今年は品質管理に特に注力しました
主だった注力点としては、温湿管理、すべての商材への鮮度保持剤の投与、ボトリチス対策 と、大まかにはこの三本柱で対応しました

これ、今までもやってなかったワケじゃなかったんですが、桶の洗浄やサプリの希釈とか、正直やり切れていたか?と問われるとグラつくような処方しかしてませんでした(恥)
そこで、ある程度の店頭・バックヤード双方での管理方法を文書マニュアル化(水揚げに関する、showkaenルール)して、老若男女(いや、若いのはもういないな。。)スタッフにあっても、納得ずくの共通した考え方というアプローチで臨んだところ、これがびっくりするくらいロスが出なかった
これは本当に収穫でした
一点だけ惜しむらくは、店頭での商品レイアウト
これは相変わらずの課題として残ったように思います

ウチはせっかく保冷庫が二台もあるのに、そこを有効に活用できなかった(苦)
ただね〜〜〜、不可抗力もありましてね(-_-メ)

バラ専用庫が、まさかのダウンがありまして、一次水揚げのための保冷庫に急きょ逃がさざるをえないという状況が発生してしまい、ストッカーのキャパがフローしてしまったため、段取りがワヤクチャになってしまったんです
運の悪い事に、冷蔵庫業者さんがお盆休みだったために復旧まで3日間という、業務としてはあり得ない期間手をつけられなかったというアンラッキーも重なりました
これには本当に参りました


店売りもなんで伸び悩んだかな?といろいろと思うんですが、やはり酷暑も影響したかな。。と思います
なんにつけても、昼間(11:00~16:00)くらいまで店の外をまったく人が歩いてない(笑)(笑)
配達のご注文等で、ご依頼主から午前中の時間指定をいただいていた配達商品も、お受取り人様から、「昼間にゆだっちゃうから、できれば夕方以降の配達でお願い〜〜」と言われたのも2~3件じゃありません
それくらい、この気象状況は切り花を売るという商売に対してかなりヤバい

よく北海道・東北の同業者が、真冬の切り花管理や仕入れ、配達等で相当腐心されてるお話を毎年耳にしますが、それの真逆がまさしく深刻な課題として誰の目にも露見するように感じました

こりゃもうどーしようもないよね と、あきらめちゃうのもなんだか悔しいしな〜〜

そんな状況であっても、切り花でなきゃならない【なにか?】をご提案せにゃいかんです

有形無形、いろんな試みを講じた今年のお盆商戦でしたが、もうちょい頑張んなきゃなんないようです

五段階評価で、3+ってとこ。。かな

甘い?(笑)
コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL