2014年のお盆商戦つうしんぼ

2014.08.17 Sunday

今年も備忘録として記録しておくことにします

物日の仕入れや流れが読めない(読みづらい)っていうのは毎年のことなんですが、今年は不安定要素が満載な商戦だったと思います

しっかりとした台風の襲来や、猛暑なのか冷夏なのかイマイチ判断をつけづらい日々が続いたり、7月の市況がかなり冷え込んだというのも影響したような気がします
洋花系の低迷は毎度のことなんですが、今年はどういうわけか菊類の不振も目立った年になったと思います
いわゆる前進傾向がつよーい年回り
小菊、輪菊はもちろん、リンドウも同様  肝心要のホウヅキについては、どうも豊作だったのかなんなのかもよくわかりませんが、意外なほど安定した出荷量にてこれまた無理なく入荷 数年前の狂乱相場がいったいなんだったの??くらい思っちゃいました

今年はおかげさまで、直近五年以内では最高益となり、それでも左うちわとまではいきませんが仕入れと販売がピシっとハマった感じでした

原因として考えられることとしては、

・綿密な仕入れ計画(調整)
仕入れすぎず足りなくもなく。。という、販売計画(なにをいくらでいくつ売る)に完全に沿わせた仕入れが功を奏したことにつきます

・管理の徹底
こりゃ当たり前っちゃ当たり前なんですが、仕入れた物をいかに最良の状態でお客さまにお渡しするか?のあたり
要は、品目ごとにみあった水揚げスキルを投入することで、ロス率を極めて低くすると同時に、使用時(今回の場合はお墓参りのタイミング)でいかに奇麗な状態にしつらえるか?という部分

・プロパーの徹底
毎年のことなんですが、「隣のスーパーだったら○○円で売ってたよw」というディスカウント要求やそういった要望をけっこういただくもんなんですが、今年は本当にそういうのが少なかった(笑)
一個間違えちゃイケナイこととしては、たまたまいらしたお客さまは「別にどこのだっていーさ」という方だったとしたら、それは当てはまらないと自覚が必要ということでしょう

以上、三点

二個目、三個目については常日頃から実施していることから物日はさほど関係ない物として、やはり一個目の仕入れがバチっとハマったことが大きかったと思います

例年と比較して決定的に違うことがひとつだけありました

予対をまったく組まなかったというあたり
こういう相場になるとはぜんぜん予想だにはできなかったんですが、この価格でお盆がこのタイミングだったらちょうどいい感じで販売ができるな(つまり、管理が有効だな)と判断しつつ、予定量をしっかり希望価格で押さえることができた。。というのが一番大きかったような気がします
これまでのお盆商戦の情報収集は、市場なり仲卸なりに「今年はどう?」といったかなり漠然とした伺いがほとんどでした
で、今年はそういうのをいっさい聞くのをやめまして。。(笑)
なんていうか、狂乱高騰すんのはイヤですが、それなりに適正と思える相場というかそういうんだったら競りだろうが前買いだろうがぜんぜん関係ないみたいな買い方にシフトしました
そうすると、本当に心に余裕ができるというか。。(笑) おおらかな気持ちで準備にいそしめたというかw

ただ、菊は本当にかわいそうでした。。 あれだと秋彼岸が少し心配になりますが、そこで取り戻そうなんて魂胆なら、秋彼岸から近々菊を必要とする文化そのものが消滅するのみです
これについては母の日のカーネーションにもいえること 物日依存型からアベレージ販売に移行できてはじめて、生け花以来の21世紀型日本国の花文化は創出できるのかもしれません

一番の敵はやっぱり消費税8%だったといえます
ありゃ本当にムカつく

来年には10%もひかえてますが、あらゆる企業努力を無にする数字のみのそれって、果たして本当に国民の未来を向いての施策なの?とつくづく考えてしまいます

でもま、なんていうか今年のお盆は本当に運がよかった。。 そういうしかないようなミラクルもいっぱいあったってことですが、それ以上はうまく書けませんし、全部書く訳にもいかないという。。w
備忘録ではありますが、喜びとか痛みとかはしっかり心に刻んどけ ってことでもありますです
コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL