骨まで愛して

2016.01.22 Friday

年明け最初の投稿となります
今年こそ あぁ今年こそ、今年こそ などと、毎年年頭にゃ「ブログ更新の頻度をあげるぞっ( ̄Д ̄)ノ」と息巻いておるわけですが、
ここ数年、概ね春を待たずして挫折しておるわけですが、今年はちょっと本腰入れて頑張んなきゃなと思う次第であります
いやいや、ホンと真面目にやります(´・ω・`)


ご挨拶もそこそこに、先日御葬儀のご注文で近所の葬儀会館へ商品を納品しに行ったときの出来事で一席

いつものように台車に生花を積んでエレベーターに乗り、会場へ向かいます
会場にはすでにお花がたくさん飾られていた(御供えされていた)わけですが、それ自体はそんな珍しいことでもない
いっこだけいつもと違った光景として、ウチと同じくよそから届いた花の前で、会館担当者さん・アシスタントさんだけでなく掃除のおばちゃんまでその花を囲んでなにやらいろいろ話し込んでらっしゃる
なんだろうねぇ?と思いつつ、商品を設置していたら担当者さんが「正花園さん、これって何の花?」ときいてきました
『?』と思い、確認するとSPカーネを紫に染めたものが挿してありました
紫のカーネそのものはさほど珍しいものでもないんですが、染めた紫ってのはこれまた一味違った異次元の花色となります(笑)

『あー、それ染物ですよ。』と答えると「へぇぇええええええ!!」って一同びっくりされました

そうか、我々現場の人間にとっちゃさほど珍しくもないものでも、そうでない方々にとっては珍しく感じるんだなと改めて思ったわけです
「はぁ〜〜〜、手を変え品を変えよくやるよねぇw」とおっしゃった真意は測りかねますが(笑)、なんせそういうこと

で、お話はこのやりとりの後日談となります

つい先日、同じ会館へ別の御葬儀へ商品をお届けした時のことです
たまたま担当者さんがこの間の担当者さんと一緒の方だったんですが、その方が渋い顔をされながら「正花園さ〜ん、やっぱしあの染めた花ダメだわ」とおっしゃる
これまた『?』と思い理由を訊ねると、
「いやね?飾っておく分には葬儀用供花としちゃけっこう目立っていいと思うんだけど、、 お骨に。。色が。。(汗)」
『は!!!??まさか!!???((( ;゚Д゚))) 』
「そう、あれが珍しいからって御棺に入れたまではよかったんだけど、火葬場で焼き上がったの見たらさ。。 お骨の花があったとこの部分が紫色に。。((( ;゚Д゚)))』
『ええええええええええええええええええええええええええええええええ!!!(°д°;;)』

これはさすがにショックでした
最後の最後で取り返しのつかないことってまさにこれだな。。と(怖)
色がついて、なおかつ焼却定着ですから、まさに焼き物の絵付けと同じ けして取れません
もう怖すぎてその後どういった対処をされたか?まではきけませんでしたが、ご親族の心中を思うと。。。((( ;゚Д゚)))

そりゃね、故人が生前、紫が好きで好きで仕方ない(人´∀`*) って方だったのなら本望やと思うんです
でもそういう人の方がおそらく圧倒的に少ないじゃんね(汗)

みなさん、染めた花もキレイですが、けして御棺には御供されませんように
天然発色でも十分に紫も青もあります(苦笑)
コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL