責任者呼べっ!責任者っっ!!「ハァァァァイ( ´∀`)ノ 」

2016.08.20 Saturday

そうとう間があいちゃいましたが前回のつづき

んで、どうする?カーネーション というくだりですが、
なにもカーネーションだけに問題があるワケじゃない
それら、国産花き流通に携わる、種苗供給元から、お客様に直接相対する我々小売りにも、漫然と問題があるのです

今回はその問題について、個人的意見として ですがいろいろ詳らかにしていきたいと思います

これまではね、流通と一口にいっても、他業種にもあることかもしれませんが、一次流通(種苗元>生産者)、二次流通(生産者>市場・仲卸)、三次流通(市場・仲卸>小売り(量販・専門))といった具合にざっくり区分けされておりました
ほんのつい10年弱前までは、この一〜三までの間にそれはそれは發△△△△△な匹ありました
最初にぶつかる問題はまずココ

透明性を欠くとか、そういった感じではないにしろ、
なんせコミュニケーションぽいアプローチは、双方向ゼロ いや、むしろご法度
よしんば顔を合わせる機会に恵まれても、お互いを知らなさすぎて、何を話したらいいのかわからない
これが今から十数年前の状況

 

ところが、通信の発達はこの壁を簡単に壊しました

いや、言い方を変えれば、この程度の発達で簡単に壊れてしまうくらい、脆弱な壁だったのかもしれません

 

壊れてからはどうでしょう?

 

互いの状況を「知る」という点では、業界的にルネッサンスといっていいほどの出来事だったワケですが、

今度はべしゃりの上手な、特定・ごく一部の産地さんが目立つという状況が発生しました

これ自体はけして悪いことじゃない

いいものであれば、栽培の現場から市場流通を通して、思い入れたぁぁぁっぷりの花が店頭に並ぶ

ストーリー性という言い方がよくされますが、実際、市井の小売りとしてこの手のコンテンツはないよりあった方がいいに決まってます

 

そこでまた壁

 

産地さんは当然耕地面積に限りがあるワケですし、品目だって限られる

使い手としては、「この人のあの品種が使ってみたいのになぁ。。」などといった欲が当然もちあがります

また、産地さんはどの産地さんも概ね【定宿】としている市場があります

いくらweb上で、この産地さんの商品がほしい!と思っても願っても、たやすく仕入れられるとは限らない

どうも花き業界、特に小売りの側には「あの人のアレがとにかくいいみたいだから、自分も使ってみたい」っていう右向け右的な迎合感がもっすごい強いようです

我慢できずに、産地から出荷されてから、中二日三日とかかってもいいからと、そういった箔のついた商品を仕入れちゃう

 

それって当然リスクを伴います

 

んでもって時は流れて今八月です(笑)

八月と言えばお盆 関東エリアは七月だよって声も聞こえてきますが、日本でお盆といやー八月なんですっ

 

フタあけてみたら、まー今年も大混乱

去年は小菊が大インフレに陥り、リンドウも裾物中心に大前進もあって大ショート

こんな年あるんだ。。とあらためて神仏需要の物日の難しさを再認識した翌年にあたる今年、ちょっと記憶にないくらいの大凶作(汗)

白輪菊も、輸入品の確保に不備が発生したため、大口が予対分を国産品に切り替えたことから世紀の大逼迫(笑)

 

もうね、慣れっこになったっちゃなりましたが、物日=書入れ時 なんて構図は、本当に遙かかなたへいってしまいました

 

花ってそもそも、こういった書入れ時じゃないと売れないもんなんですかね?

どっかの団体がそればーっかし次から次へと創出して『みんなで盛り上げよう!』ってやってらっしゃいますけど、まそれはなにかの機会でお話させてもらうことにします(めっちゃめちゃ言いたいことがある)

 

さて、この書入れ時

商売が繁忙となると、帳簿に筆を入れる機会が増えることから、儲け時を意味する言い回しで使われております

これ今年もお客さんから「花屋さん、書入れ時だねぇ」と言われて思い出したことが。。

 

そうだ、今年はこれにしよう。。(謎)


 

コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL