『かきいれどき』   showkaenホラーshow 2016

2016.08.20 Saturday

もうこの際、妙なまえがき無しで一席(笑)

 

 

みなさん、お盆とかになると、古刹によりけりですが地獄絵の虫干しをされるところがあります

かくいうボクも、子供頃通っていた(←親戚)のお寺でもこれをやっており、毎年お盆になると「またあれを見せられるのか。。」と憂鬱になったのを思い出します

 

地獄絵については、描き手や宗派、それに描かれた時代によってけっこう内容はさまざまなものだったりするんですが、

現代なら完全にR指定相当、いやそれ以上のものだったりするのが平均的です

 

その地獄絵をよくみてみると、鬼による凄惨な責苦拷問の傍らで、なにやら帳面のようなものを持っている鬼が稀にいたりします

「これはなにをしているの?」と大人にきくと、

『ああ、これはね 生きてる時に犯した罪の量と刑の量とを測ってるんだよ。 これで帳面があうと、その人間はようやく無に還してもらえるの。』

「でも地獄のそれって無限なんじゃないの?」

『勿論、無限のもある。無限に責苦が続くのは、そのものが現世で犯した罪のそれに比例してるんよ。それと六道というものが仏道にはあって云々。。』 回答主はお寺の住職で、ボクのじいさんの兄弟にあたる方で、ボクの名付け親でもある方です(※故人)

 

小学生の子供に六道とかなんとかいわれても、ちんぷんかんぷんだったわけですが、いま思えば、たとえ地獄に落ちたとしても、場合によっちゃ「無」という恩赦(免赦?)がありはするが、今生きてるこの世を正しく生きなさい ということを伝えたかったんだろうなぁと思います

かくいうボクの名前には「正」の一文字が入ってますし。。

 

 

で、時は流れて。。

 

本シリーズを毎年熱心に読んでいただいてる方はご存じかもですが、ボクはたまーに人外のものを目にすることがあります

ハッキリと容になっているもの

ぼわ〜っと煙みたいな状態のもの

人、犬、猫、それらに合致しない魍魎みたいなもの

 

その中で、ほんとに一回か二回だけなんですが、真っ白な男の人(時代考証が読めない姿)が筆と和紙を分厚く束ねたような感じの帳面(ノート?)をもって、なにやら書き込んでいるのを見たことがあります

 

ボクが見たのは雨の日の電車の駅のホームでした

 

その白い者は、ウロウロきょろきょろするでもなく、すぅっと佇んでいるかと思ったら、急になにかを見つけたかのようにその場にいる特定の人間の傍らに立ち、舐めるように見、ものすごいスピードでなにやら帳面に書き込んでいました

 

そんなことが電車を待ってた10分弱で何度も何度も繰り返されました

 

パッッと消えた と思ったら、反対のホームで同じことを。。

具体的になにか悪いこと(ホームに人を突き落したりとか)をしでかしそうな雰囲気は一切なく、憎悪やいわゆる地縛っぽいそれでもない

でも確実に、それらの行動はなにか目的があってやってるようにしか思えない

 

運がいいのか悪いのか、ボクの横に来て書き込むことはありませんでした(苦笑)

 

その後、書き込まれた方の身に、具体的になにかおこったとかなんだとかいうのはいっさいわかりません

確かめようもないし。。

 

 

ふっと、幼いころにみた地獄絵にあった帳面を持った鬼のことを思い出しました

 

ひょっとしたら、あの白いのは地獄から来てて、現世では白い人の容になって事前に査定しているのかもしんない

いや、逆に、あれは天から遣わされたものであって、それこそ同様に査定しているのかもしれない

いったい全体、あれはなんだったんだろ?

もとい、どっちの世界の使者だったんだろう?

もし地獄からの使者なんだったら、完全にリアル・デスノートそのもの。。

 

もし、あれが地獄の使者だとして

 

あなたが知らない間に、あなたの横に立ち

あなたのこれまでの行いをつぶさに査定し

あなたが死後、どちらの世界に移られるか、はたまたこの世に地縛するのか

 

すべては、当たり前の日々の暮らしぶり 立ち振る舞い その他もろもろに因果するものとして、

使者たちは、今この時間もあなたを「査定」してるに違いありません

 

コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL