ご年配の思い出補正って、けっこうな確率でブレンビーを凌駕する

2016.02.09 Tuesday



毎週火曜日の朝、
ボクは倅の通う小学校へ、ボランティアでお花を届けています
いわゆる『花育』というやつなんですが、続けているうちに発生する新たな問題や、「へー、なるほど。。!」と思わず声を上げたくなるような、発見もあったりします

そもそもの話をしだすと、筆者悪癖である冗長な感じになっちゃいますんで頑張って端折りますが、
ボクが自分が実施している花育の骨子はこうです

・生花を教室に耐えず飾ることによって、花のある生活に親しみをおぼえてほしい 

・命あるものは、いつかはなくなる(死んでしまう・枯れてしまう)ことを学び、命のあるうちに命のあるものを大切にする心を養いたい

・花にまつわるエピソードを児童と教諭(子供と大人)が共有することによって、コミュニケーションをさらに深めるようにしたい

他にもいろいろとあるんですが、大まかにはこの三本柱です

去年の二学期から始まり、今学期も順調に活動ができておりますが、それもこれも趣旨に賛同いただいた産地さんや、活動に理解を示していただいた学校関係者のみなさまのおかげです 本当にありがとうございますm(__)m

ご協力いただいております関係者のみなさまには、細かくはありませんがいずれ年間でまとめたレポートをお渡しさせていただきたいと考えております
こちらは今しばらく、お待ち願いますm(__)m


さてさて、そんな折

去年の10月から顕著になった異常気象
特に11月・12月の記録的な高温は記憶に新しく、また年明けの手のひら返しのような低温は切花流通にちょっとした暗い影を落としています
本来なら、今の時期にあってもらわなきゃこまる花材や、今時期ならでは みたいな花々がどうも少なくなっているような気がしてなりません
いや、実際問題、
前述の高温からなる大前進(前倒しで畑やハウスで花が咲いちゃうこと)や、低温時に慢性的に発生する日照不足だけで、こんなにも花が減るもんなんだろうか?と思っちゃう

他にも理由ってあるよな?といろいろ思いを巡らせると、真っ先につきあたるのが作り手の減少です
そう、肝心のお花を作ってくれる人間そのものが減っちゃってる((( ;゚Д゚)))

国内で栽培量が増えないんだったら輸入すりゃいーぢゃんw と思われるかもしれませんが、
いやいやいやいやいや、それじゃ立ち行かない問題もあるんです

最たる例を活け花の世界に見ることができます
お流派によって、求められる姿や形も違うことでしょうけど、基本的な流儀みたいなものはほぼ似たようなプラットホーム上にあると思います(芯・副え・体 とかね FDだったら点・線・面)

当然のことながら、これらは形を作る ということと、植生を重んじる(特に季節)という二つのアプローチを併せ持つことから、
花の大きさだとか枝ぶりや向き等々、それはそれはいずれの先生方もきびしく吟味されます

ところがここ数年来、こうした需要に沿った花材がなかなか手に入りづらくなってきました
理由は簡単  作る人がいなくなっちゃったからです
うまいこと代替わりして、二代目・三代目さんが就農しているケースもいっぱいありますが、問題はご自身が栽培されてる花木の商圏がどこにあって、どういったものを求められているか?ということに頓着されていないことです

付いていてほしい脇枝がわざわざ掃っちゃってあったり、輸送の兼合い上なんでしょうね、寸足らずだったり。。
昭和の生産者さんとかですと、みなさん概ね活け花をたしなんでらした方が多かったような気がします
なので、お稽古屋さんにとっては大変都合のいい商材がいっぱいあったわけです

そうこうしてる間に、作り手側が「オレなんでこんなもん作ってんだろ?」と思い出す(気づいてしまう)ことも怖い(苦笑)

時代の流れにあって、なにからなにまで後世に残すなんてことはきっと無理でしょう

いま当たり前のようにある、百合やバラやカーネーションやガーベラや菊(マム)も、ひょっとしたら近い将来、なかなかお目にかかれなくなってしまう時代。。なんてものも本当にくるかもしれない

公園や校庭にはあるかもしれないけど、花屋に並ぶことがなくなる花や木はきっと今後どんどん増えていくかもしれません

それ考えると、ボクのやってる花育っていうのは、彼らが大人になってから
いま書いたことがもし現実になってしまったら
「父さん(母さんでもよし)が子供の頃なぁ、こうこうこういう花があってな 云々」みたいなやり取りがあるかもしれない

そういった事象が発生した時のための思い出作り
プロである自分にとっては子供たちと育む備忘録 こういった意味合いも含めてるのかもしれません


そうして、ボクは
明日も教室にお花を届けます



 

骨まで愛して

2016.01.22 Friday

年明け最初の投稿となります
今年こそ あぁ今年こそ、今年こそ などと、毎年年頭にゃ「ブログ更新の頻度をあげるぞっ( ̄Д ̄)ノ」と息巻いておるわけですが、
ここ数年、概ね春を待たずして挫折しておるわけですが、今年はちょっと本腰入れて頑張んなきゃなと思う次第であります
いやいや、ホンと真面目にやります(´・ω・`)


ご挨拶もそこそこに、先日御葬儀のご注文で近所の葬儀会館へ商品を納品しに行ったときの出来事で一席

いつものように台車に生花を積んでエレベーターに乗り、会場へ向かいます
会場にはすでにお花がたくさん飾られていた(御供えされていた)わけですが、それ自体はそんな珍しいことでもない
いっこだけいつもと違った光景として、ウチと同じくよそから届いた花の前で、会館担当者さん・アシスタントさんだけでなく掃除のおばちゃんまでその花を囲んでなにやらいろいろ話し込んでらっしゃる
なんだろうねぇ?と思いつつ、商品を設置していたら担当者さんが「正花園さん、これって何の花?」ときいてきました
『?』と思い、確認するとSPカーネを紫に染めたものが挿してありました
紫のカーネそのものはさほど珍しいものでもないんですが、染めた紫ってのはこれまた一味違った異次元の花色となります(笑)

『あー、それ染物ですよ。』と答えると「へぇぇええええええ!!」って一同びっくりされました

そうか、我々現場の人間にとっちゃさほど珍しくもないものでも、そうでない方々にとっては珍しく感じるんだなと改めて思ったわけです
「はぁ〜〜〜、手を変え品を変えよくやるよねぇw」とおっしゃった真意は測りかねますが(笑)、なんせそういうこと

で、お話はこのやりとりの後日談となります

つい先日、同じ会館へ別の御葬儀へ商品をお届けした時のことです
たまたま担当者さんがこの間の担当者さんと一緒の方だったんですが、その方が渋い顔をされながら「正花園さ〜ん、やっぱしあの染めた花ダメだわ」とおっしゃる
これまた『?』と思い理由を訊ねると、
「いやね?飾っておく分には葬儀用供花としちゃけっこう目立っていいと思うんだけど、、 お骨に。。色が。。(汗)」
『は!!!??まさか!!???((( ;゚Д゚))) 』
「そう、あれが珍しいからって御棺に入れたまではよかったんだけど、火葬場で焼き上がったの見たらさ。。 お骨の花があったとこの部分が紫色に。。((( ;゚Д゚)))』
『ええええええええええええええええええええええええええええええええ!!!(°д°;;)』

これはさすがにショックでした
最後の最後で取り返しのつかないことってまさにこれだな。。と(怖)
色がついて、なおかつ焼却定着ですから、まさに焼き物の絵付けと同じ けして取れません
もう怖すぎてその後どういった対処をされたか?まではきけませんでしたが、ご親族の心中を思うと。。。((( ;゚Д゚)))

そりゃね、故人が生前、紫が好きで好きで仕方ない(人´∀`*) って方だったのなら本望やと思うんです
でもそういう人の方がおそらく圧倒的に少ないじゃんね(汗)

みなさん、染めた花もキレイですが、けして御棺には御供されませんように
天然発色でも十分に紫も青もあります(苦笑)

【秋彼岸】 showkaenホラーshow 2015

2015.09.22 Tuesday

巷はシルバーウィークです
GWと何が違うか?って、人の移動をさほど感じないあたりとか

いずれにしろ、婚礼・敬老の日そして秋彼岸と、花屋さんテンテコマイだったりします(汗)

さて、どれだけ投稿の間隔が空いてもこのネタだけは不可避であります、毎年恒例のホラーshowでございます
ブログ開設以来、見聞したこと、過去・現在に至り自分自身におこった不思議な事を書いてまいりましたが、一年もスパンがあるとそりゃあるわあるわ(笑)
で、
今回はさほど怖いというより、本当に不思議だった出来事をご紹介します

そこで、確認もかねてお盆とお彼岸っていったいなにが違うの?という部分について至極簡単にお話させていただきます
雑に大別しますと、お盆は家族(親族)限定
お彼岸はボーダーレス という感じになります
双方、ご先祖様が年に一度現世にお戻りになられることはいうまでもありませんが、お盆はいわゆる仏道でいうところのしっかり修行をなさった方々がその【門】をくぐることが許されますが、そこいくとお彼岸はそういった方以外にももれなく門が開かれる というのが最大の差異でしょう
六道でいくところの、天・人間というのがお盆なら、お彼岸はそれプラスして畜生・修羅・餓鬼・地獄も含まれるという意味です
つまり、余計なモンも帰ってきちゃう(汗) お盆とは違って、春と秋におかしなことが起こるのってこれが理由かもしれません

で、今回のお話

今回に限ったことではないんですが、どうもボクはそういったものが近づきたくなるようななにかを発しているのかもしれません
毎年々々春と秋、本当に憂鬱な気分になります で、たしか一昨年かもうちょい前くらいのお彼岸にそいつはやってきました
「そいつ」という言い方をしましたが、いまだにどういうモノだったのか?というのが判別できないでいます
そいつが、いつ、どの時代のモノで、なにが目的でボクについてきているのかはまったくわからない
しかし確実に、一定の距離をおきながらず〜〜〜〜っとボクについてきます
そして、多少力が増すお彼岸の時期になるといっきに距離を縮めてちょっかいをかけてきます
ホントに好き放題のやり放題
とはいっても、命にかかわるようなマネまではしてこないことから、ボクはそいつの力が弱まるのをそういう時は ジッと待つようにしています。

そんなやり取りがどれだけか続いた今年のある日のこと

お彼岸でもないのにそいつは満を持したかのように一気に距離を縮めてきました
背後にあきらかにぴったりくっついてる感じ
一番気味が悪かったのは、そこから覆いかぶさってくるとか、なにがしか干渉してくるわけでもないこと
でも着実に、どこぞなりとてついて回ります
今になってそういうことだったか。。と思う事として、そいつは徐々にボクを蝕んでいこうとしていたんだと思います
台風だとか雨が近づくと、身体の都合でボクは首とか腰とかが痛くなります。
でも、そういった条件がそろってなくとも偏頭痛や古傷が痛んだり、ともすれば気持ちがものすごく暗く沈みがちになったりすることが明らかに自覚できる程増えたりしました

そして今年の夏のこと

そいつはついに家族にも姿を現すようにまでなりました
ボクの倅、たいへん残念な事にボクのそういった素養をかっちり受け継いでしまったようです(苦笑)
普段はボクの視界には絶対といっていいほど姿を見せないのに、倅の前には現れます
駐車場、トイレ、階段の隅
闇の帳の深いところに、すっ と移り、倅をじっと待ちうけるようになりました
そしてある日ついに、倅に干渉するようになりました
そいつがイイものなのか悪いものなのかまったく判断がつかない状況で、果たして祓ってしまっていいものなのかどうなのか?よしんば自分自身に祓う能力なんてそもそもないことで相当悩んでいた時にふと思い出しました
以前、このシリーズでも触れた事のありますブレスレットのことをご記憶の方もいらっしゃるかもしれません
それでお世話になってる先生が、「少しアプローチを変えてみました。」と製作いただいた呪符力の強いブレスレットを思い出したのです
使用説明書(←苦笑)を読んだ際、これちょっと今の自分にゃ強すぎるなぁ〜〜と、ピンチになった時に開封しようととっておいた、文字通りとっておきのツール
忘れてたわけではありません(笑)

倅に「今からお父ちゃんがオバケとっぱらってやるから見てな」と言い、倅を傍らに置きとっておきのブレスレットを装着しました

すると、本当にアニメかマンガの世界のように物凄い気が自分に巡るのがわかります
ワンピースだったら覇気、ナルトだったらチャクラ、ヒーローアカデミアなら個性って言う感じでしょうか(笑)
少し古い喩ですが、幽々白書の飛影の黒龍みたいな感じ
装着した瞬間にまず偏頭痛と肩首(肩は左、首は右)の痛みがすぅっと引けていき、懸案だった「そいつ」はあっという間にはじけ飛んでしまいました
倅が「あ、いなくなった。。」と言いました なにが起こったのかよく分からないような不思議な出来事に、いなくなったからもう安心とばかりに笑みをこぼします

先生のおっしゃる「処方を変えた」というのは、おそらくですがそれまで「防御(守護)」だったのを比較的「攻撃型」にシフトしたということみたいです
今までと明らかに違う点としては、石が常に熱を発しているあたりですとか。。


お彼岸
月の扉はまだ開いております
たまたまボクはそういったブレスレットとかに護られて、なんとか切り抜けています
しかし、「お彼岸?ご先祖?関係ねぇよw」とばかりに日々の暮らしを謳歌してらっしゃるアナタ
アナタには、ご自身も気づかないウチに、ボクが吹き飛ばした「そいつ」がターゲットをアナタに変えて、なにかのチャンスを窺いながらアナタを闇床からじっ とみつめているかもしれません